薬剤師が漢方や生薬認定薬剤師になるためには?

投稿日:

薬剤師が漢方や生薬認定薬剤師になるためには?今の現代、「かかりつけ薬局」があちこちにできていますよね。今、漢方薬の知識を薬剤師も求められることが多くなってきているんです。

ここで、薬剤師と漢方の重要性を書いていきますのでこれから「薬剤師になりたい」「漢方も学んで見たい」という人に参考にしてもらえたらと思います。

薬剤師にも漢方の知識が求められています

今、病院の近隣にいくつもの薬局がありませんか?大学病院や総合病院でも分業制で薬局が別になってきています。「薬局」は何でも気軽に相談をすることができる場所として重宝されてますよね。

薬剤師の仕事の1つとしては、病気に対しての処方指導だけでなく病気予防手段の指導も重要視されてきます。その中で、以外かもしれませんが漢方薬の知識が求められているんです。

数年前から、医学部でも漢方薬についての講義が必須となりました。大学病院や総合病院でも漢方外来など新たに診療科が増設されてきているが現状なんです。そして、薬剤師として働かれている人の中でも「漢方の道」へと進みたいと考えられている人は年々増加傾向にあるんです。

漢方とは?

「漢方」と聞くと、「苦い」「煎じる」などの想像がされると思いますが、中国が発祥地で実は日本人の体質に合わせた日本独自の医学なんですよ。驚きましたか?

人間の心と体を1つの括りとして考え、本来持っている自然治癒力を高めることで身体の根本的な部分から治していくという考えが漢方にはあるんです。

漢方薬は1つの種類ではなく、浮く数の組み合わせで調合されます。その時の症状や体質など個々にあったものを調合することで処方をしていくんです。体質や体調、症状に対しての総合的な考え方をしていくので病名の異なる場合にも同じ漢方を処方されることがあるんです。

病名が違うのに同じ薬を処方されるのって不思議だと思われるかもしれませんが、全体像を考えての処方が基本になるので「漢方」の世界では普通のことなんですよ。

漢方の種類

漢方には、一般用漢方と医療用漢方の2種類に分けられます。

一般用漢方

一般用漢方には、処方箋を必要としない漢方薬のことを言います。医師の診察を受けなくても処方して貰えるので、保険の適用外になるんです。漢方薬局やドラッグストアでも販売されています。これは、「登録販売者」でも販売することができる薬になります。

医療用漢方

医療用漢方は、医師の診察を必ず受けた上で処方される漢方薬になります。こちらは一般用漢方と違い保険適用ができます。なので、保険薬局などの調剤薬局での販売になりますので、薬剤師以外のものが販売することができないのです。

漢方薬剤師になるのはどうしたら?

「漢方薬剤師」になるのには、特に資格というものはないのですが、基本的に漢方に関した知識を習得するが重要になります。漢方の専門知識を習得することで「漢方薬剤師」として仕事をすることができます。

漢方の勉強会や講習会に参加する

勉強会や講習会の回数は、まだ非常に少ないのですが、勉強会を探していく方法がいくつかあります。

まず、漢方製薬メーカーの勉強会への参加をするのが近道かもしれません。ホームページ上に掲載されている場合もありますので、探してみましょう。

  • ツムラ
  • クラシエ
  • 小太郎漢方製薬

漢方の考え方などを学ぶための初心者向けのセミナーなども開催されています。分かりやすく解説してくれますので、色々と知りたい人にはオススメなセミナーです。

  • 薬日本堂
  • 若草漢方薬局

漢方診療科などの大学や協会への参加などでも学ぶことができます。医師や学生向けの内容が多いですが、薬剤師が参加できる講義もありますので調べてみるといいでしょう。

  • 慶應義塾大学医学部漢方医学センター
  • 日本漢方協会

漢方薬・生薬認定薬剤師の資格取得

漢方薬や生薬認定薬剤師は専門的な知識を習得することで能力と適正を持っているというこを証明できる資格になります。認定を受けることで患者様や処方医師に対して自信を持って漢方薬や生薬に関する情報提供などを行うことができます。

9回の講義研修会の参加と1回の薬用植物園での実習を行うことが必須です。座学の他、インターネットやビデオ集合研修から選択することができます。

研修会の受講料は約6万円程度ですが、認定証の申請に2万円程が掛かります。

漢方メインの薬局での実務経験を積む

漢方をメインで扱っていることで腹区ことが漢方薬剤師になる近道なんです。漢方薬局では、一般の調剤薬局とは異なります。

薬剤師が患者さんに細かいヒアリングをすることで体質や体調などに合った漢方薬を選んでいきます。そして、適切なアドバイスを行いながらフォローをしていく形で進められます。

日々の業務を行う中で自然と専門的な知識やスキルを身に付けることができます。中医師が配属されている調剤薬局であれば、より専門的な話なども聞くことができるので自分の引き出しも増えていくと思います。

この3つのいずれかの方法で名乗りをあげることができるようになります。

まとめ

「漢方」と聞いても、理解が難しかったりしますよね。でも、専門的なスキルや知識を習得することで薬剤師の活躍場も広げることができるんです。漢方の利点を知ることで正しく服用してもらえるように指導していくのも薬剤師の仕事の1つですよね。

漢方と西洋医学を共存していくことで、健康維持をすることができます。病気予防などをしてくことができるんです。

少しでも興味を持たれた方は、新しい活躍の場を広げる意味でも勉強されてはいかがでしょうか?自分の可能性を最大限に広げてみましょう!

-スキルアップ・資格

Copyright© 薬剤師転職GO!失敗しない求人サイトを徹底比較 , 2018 All Rights Reserved.