薬剤師の資格取得が6年制になった理由

投稿日:

薬剤師の資格取得が6年制になった理由薬剤師の免許を取得するのに以前は4年間で取得できていました。今は、医学の進歩など学校教育方の改正に伴い教育制度や国家試験制度などの改正があってから、6年制となりました。

意外と知らない人も居たりするので、6年制になった経緯をまとめてみましたので参考にしてもらえると嬉しいです。

なぜ4年間から6年間に教育期間が延長されたのか?

平成18年から学校教育方の改正に伴い大学の薬学教育制度や薬剤師国家試験制度に大きな変化がありました。

医薬分業の進展や高い資質を持つ薬剤師の育成を目的とするために4年から6年へ教育期間が延長されることになったんです。

しかし、一部では多用な分野に進む人材の育成を行うために4年制の学部や学科も置かれてはいるんです。

4年制学部からは大学院などに進学したり大学などで研究や開発に携わる人材だけでなく、薬学の基礎的知識をもって社会の色々な分野で活躍される人材が排出されるように期待されているんです。

薬剤師国家受験資格にも大幅な改正

薬剤師国家受験資格にも大幅な改正がありました。以前は4年制学部や学科の卒業が条件でしたが、現在は原則として6年制学部や学科の卒業が義務付けられています。

4年制の学部や学科の学生は平成29年の入学者に限定されており、大学を卒業後は修士または博士の課程を終了することと、医療薬学科目や実務実習などの単位を履修することで、6年制の卒業者と同等の学力を厚生労働大臣が認めた場合に限り薬剤師国家試験を受験する資格が与えられています。

4年制の薬学部は主に薬学研究者の養成を目的としており、6年制の薬学部は薬剤師の養成を目的としているんです。

研究者は大学院修士修了課程の卒業が必須

そして、研究者を目指していく人は大学院修士修了課程の卒業が必須となります。

営業職や品質管理などの技術職であれば4年でも十分就職することはできますが、研究者となると最低でも2年間の修士課程で学ぶ必要があるんです。

研究職は狭き門になります。誰でも修士課程を修了したからといって必ず研究者になれる保証はありませんが、目指す価値は十分にあるとは思います。

薬剤師は研究職と比べると就職先は決まりやすい

薬剤師の進路は選択肢も多いのはメリットですね。調剤薬局や病院、ドラッグストアなどバリエーションもたくさんあります。

国家資格の強みという点も就職には有利とされます。研究職と比べると就職先は決まりやすい点があるんです。

特に女性であれば、結婚や妊娠、出産後など復職や再就職がしやすいということも大きいと思います。

就職なんと言われる現在ですが、手に職をつけることで一度辞めても再び働くことができますよね。

6年制の薬剤師が学ぶ事

具体的には6年間で次の事を学びます。

1年目:化学や微生物、物理化学などの基礎

化学や微生物、物理化学などの基礎的なことを学んでいきます。倫理学や法学、語学などの一般教養も履修していくようになります。1年目から実習教育を行っているところもあります。

2年目:専門的な知識

専門的な知識を学んでいきます。薬剤の適正に使用する生理学であったり、臨床薬学系科目の他に実習関連についても学んでいきます。

3年目:臨床薬学分野

臨床薬学分野を学び、主に実習を基本的とした内容で医学の応用知識や薬学の応用知識を重点的に学んでいきます。

4年目:看護学や臨床栄養学

看護学や臨床栄養学などを学びながら模擬患者役など学生同士での実習や臨床現場でのコミュニケーションであったり調剤実習などを学ぶようになります。実務実習の準備をしていくようになります。

5年目:薬学共用試験に合格

5年生に進級するためには「薬学共用試験」に合格が最低条件となります。共用試験は4年間の集大成となります。今まで習得したことや知識の確認のCBTであったり、客観的能力試験のOSCEの2部構成になっており、これから先の実務実習が適応できるかどうかを見極める試験となります。今までの学習範囲からの試験となるので、合格率も高いです。しっかりと4年間勉強していれば突破はできるはずです。

6年目:薬局や病院での実習

共用試験の合格後は、5年目に薬局や病院での実習が中心となってきます。薬剤師としての実務経験をしたら、6年目には卒業研究であったり国家試験合格に向けた対策などの勉強が中心となります。卒業論文などの提出や国家試験に合格すれば薬剤師としての一歩を踏み出すことになります。

まとめ!4年過程と6年過程では養成の目的が異なる

薬剤師は4年課程と6年課程で、これだけの違いがあります。それぞれ養成の目的が異なってくるので、どの道に進みたいのかをしっかりと見極めることです。

薬剤師はドラッグストアや病院だけではありません。研究職など多くの道があります。修士課程の2年を含めるとどちらも6年コースではありますが、2年多く学ぶことで無駄なことは一切ありません。

それだけ道も開かれてくるので選択肢が増えるメリットがあるんです。

6年制と4年制とでは卒業後の進路は大きく変わりますが、医療などに関心がある人は参考にしてもらえたらと思います。

各学年毎に学ぶことは異なりますが、6年間でこれだけの事を学ぶようになります。詳細に記載しているので、イメージもしやすいと思います。これからの人生の選択の参考にしてもらえたらと思います。

-スキルアップ・資格

Copyright© 薬剤師転職GO!失敗しない求人サイトを徹底比較 , 2018 All Rights Reserved.